説明: 説明: ここから本文

道路冠水想定箇所マップ

 

道路をご通行される皆様へ

道路や鉄道などと立体的に交差している道路で、前後に比べて道路の高さが局部的に低くなっている区間(アンダーパス部)などは、地形的に雨水が集中しやすくなっています。
通常の降雨では支障ありませんが、局地的な短時間の大雨により雨水が急激に集中し、ポンプや排水路などの排水能力を超えた場合には、一時的に道路が冠水し通行に支障をきたす恐れがあります。
「道路冠水想定箇所マップ」は、局地的な大雨により冠水する可能性がある箇所をマップにし、道路を利用される皆様に冠水する恐れのある箇所を知っていただくことを目的に作成しています。このマップを活用していただき、大雨時の通行にあたっては十分注意していただくとともに、冠水している場合は不用意にご通行されないようお願いいたします。
なお、この箇所以外にも冠水する恐れがありますので、ご注意下さい。

「道路冠水想定箇所マップ」を見る

「道路冠水想定箇所マップ」ついては、次のリンク先からご覧いただけます。
一覧表はマップ内の「図形リストパネル」からご覧いただけます。
また、箇所表については各要素をクリックした先のPDFからご覧いただけます。
道路冠水想定箇所マップ外部サイト:統合型GIS

冠水している箇所を発見した場合

「道路冠水想定箇所一覧表」に箇所毎の道路管理者、警察署及び消防署の連絡先を記載 しています。冠水を発見された場合は、記載されている道路管理者等へご連絡下さい。

 

道路防災情報Webマップ(国土交通省中部地方整備局)

 


↑トップへ戻る